他者の過去は知らぬが華

ヒャッハー!自己満足だー!
シア「・・・・・・」
ナユタ「・・・・・・」
シア「・・・・・・」
ナユタ「何か用か?じっと見られてると集中できないんだが」
シア「ずっと気になってたんですが」
ナユタ「ん?」

シア「何でナユタはそんなに皆に優しいのかな、って」
ナユタ「・・・何だそれは」
シア「いえ、ナユタ一人に色々抱え込ませてるのに・・・その・・・」
ナユタ「そんな事を気にしてたのか」
シア「そんな事って・・・」

ナユタ「・・・アクア達がなぜ八色の虹に来たか知ってるか?」
シア「いえ」
ナユタ「あいつらの両親はアクアが物心つくか否かって頃に事故で亡くなったそうだ」
シア「・・・!」
ナユタ「フレイとイナビはともかく、アクアは親の顔も憶えていない」
ナユタ「俺と兄貴も物心つく前に本当の親父が死んでしまっててな、他人事のようには思えなかったんだ」
ナユタ「それであいつに相談したんだ、『あの子達の面倒を見てあげたい』ってな」
シア「・・・」
ナユタ「あいつは嫌な顔一つ見せずに承諾してくれた。俺が本気だって分かってたのかもしれない」
ナユタ「こう言っちゃおこがましいかも知れないが、アクアに家族のぬくもりを知って欲しかった」
シア「家族、ですか」
ナユタ「ああ。俺にとって八色の虹のメンバーは大事な家族だからな」
ナユタ「俺が招き入れたんだ、俺が責任持って面倒を見なきゃ話にならんだろう?」

ナユタ「・・・あいつが居ない分、俺が頑張らなきゃいけないしな」
シア「・・・家族、なんですよね?」
ナユタ「ああ」
シア「私にとっても皆は大事な家族なんです。私も経理の作業、手伝いますよ」
ナユタ「できるのか?」
シア「馬鹿にしないで下さい。あの家に居た頃にあらゆる教養を教え込まれましたからね」
ナユタ「・・・そうか」
シア「そんな顔しないで下さい、昔は昔なんですから」


シア「でも、怒るべき時はしっかり怒らないとダメですよ?ステアさんがストレスで倒れちゃいます」
ナユタ「あの娘にも言われて、分かってはいるんだがな・・・どうも俺は怒るのが下手で」
シア「親代わりを自負するのならちゃんと叱ることも重要なんですよ・・・もう」



※アクア(ヒュマ子)、イナビ(デュマ子)、フレイ(ビス子)・・・サブデータのキャラ。それぞれ種族が違うが触れてはいけない。
あいつ・・・八色の虹のリーダー。SEED事変に際し、激しい戦闘の末消息不明に。一応サブデータに居る(元はヒュマ男だが現在はデュマ男という設定)
あの娘・・・ナユタの彼女。年下。たぶんニュマ子。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドルヴャベーグの人(仮)

Author:ドルヴャベーグの人(仮)
某所での誤字を発端とするドルヴャベーグと中の人の反応速度を活かした(?)罠テロを持ちネタとしていたチキン野郎。野良こわい。

Twitter:suzushiro_arks

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR